innocently scince1903

  • 焼き物の釉薬が垂れる様を表した「壺垂れ」に、檜扇を配した引き振袖。 文様を織り出し手描き友禅を加えた、技巧を凝らした逸品。 凛とした黒地に漂う艶やかさがノーブルな大人の美しさを演出します。

  • 端整で品格のある紗綾形(さやがた)の地紋に金糸を絡め織り上げた生地を 生かして、あえて金、白、朱のみで総刺繍することで、大胆かつ流麗に鳳凰 と牡丹を表現した格調高い色打掛。

  • 羽織と長着に市松と桐の柄を織り上げ、金通しで華やかさを 出しています。羽織の額裏に小紋のしゃれ紋を使って個性的に。

  • 初々しいピンク地に肩から裾に流れる枝垂れ桜の間に、雪輪をはじめ さまざまな花の丸模様を配した、愛らしい総刺繍の引き振袖。 ピンクの地色に合わせた深い紫色の小物と襟元の梅柄がアクセントに。

  • 肌を美しく魅せる鮮やかな赤地に大胆に流れる金の熨斗の文様が 華やかな打掛。染めの最高峰である京手描き友禅は伝統美の結晶。 ゲストがいつまでも眺めていたいような一着です。

  • 美しく咲き誇る四季折々の草花が可愛らしい柄行でありながらも、 格調高く古典的な印象を与えます。つややかな緞子に箔や金糸を 贅沢に織り込んだ、大変豪華な色打掛です。

  • 着物の文様のひとつである道長取りは、継色紙をイメージした模様で、 古典的で美しい印象を与えます。ポイントに刺繍と金彩が施され、

  • 由緒正しい伝統的な黒紋服。染め抜きの五つ紋の羽織と長着に 縦縞の仙台平の袴は、現代も変らぬ日本男児ならではの装いです。

  • 緻密さと輝く光沢感が織りなす『一釜本綸子』で仕立てられた白無垢は、 一目見ただけでその高級感が伝わってくる贅沢な風合い。 日本の伝統文化の素晴らしさを表現する美しい花嫁衣装です。

  • 空色のつややかな緞子の生地に、大輪の牡丹や藤の花、菊、桜、桔梗・・・。 日本の四季を彩る百花が咲き誇ります。優美な鶴が豪華な金の道長の上を 舞飛び、花嫁を祝福するかのような豊かな色彩が華やかさを放ちます。

  • 瑞々しい若草色に梅の花を全面に配し、豪華な金駒刺繍で大梅を咲き 誇らせました。上質な西陣織の生地に、極限まで色数を減らした彩色が 上品でかわいらしい花嫁を演出します。

  • 江戸時代に創作されたすばらしい意匠を、現代に甦らせて唐織で再現しました。 咲き誇る紅梅・白梅が愛らしさを、上品なクリーム地が一層の 豪華さを醸し出している重厚感あふれる手織の逸品です。

  • 美しい引箔という技法で織り上げた白地に金色の鶴が優雅に舞う豪奢な打掛。 掛下のドラマティックな赤がこの上ない格調高さを際立たせ、シンプルな中 に洗練の美が宿る典雅な装いです。

  • 友禅のピンク・ブルー・パープルのぼかし染めに一面に咲く桜が華やかな 打掛。満開の「枝垂れ桜」と優しく柔らかな色調が花嫁を一層美しく引き 立て慶びと感動を与えます。

  • 日本に古くから伝わる、良き夫婦の象徴である貝桶と貝合わせの模様を染めた 引き振袖。白地に描かれた鮮やかな模様と小物と比翼の赤が、 可愛らしく華やかな花嫁を演出します。

  • 大輪の牡丹など四季の花のなかに飛翔する鶴を描き、金箔の蝶をあしらった華やかな打掛。友禅染ならではの鮮やかな色彩と地色の濃いブルーの美しいグラデーションで華やいだ一着に仕上げました。